Gustavo Anacleto

Gustavo was born and raised in Recife, Brazil. From early age he began to play saxophone and acustic guitar.

Studied saxophone, composition and arranger at conservatory of Brazilian music (CPCMR).

Active for many years in musical scenes at Recife, São Paulo and Rio de Janeiro. He also did some tours to France and another coutries to disseminate Brazilian music styles such as bossa nova, frevo, samba, and Baião. Backing to Brazil he was dedicate to fuse jazz with Brazilian styles where he recorded as guest in some CDs.

In 2004, his group, Spok Frevo won the Revelation Prize of TIM Awards in Brazil. Tim Awards is the equivalent to the Grammy Awards of USA.

 In 2006, he moved to Tokyo, Japan to spread his musical experiences. In a short period of time he started to perform among biggest names at Tokyo professional music scene.

These are some of the artists that Gustavo  performed within Brazil, Japan and other countries.

Anri (one of biggest names of J-pop),Lisa Ono(Biggest name of Brazilian music in Japan),Marcos Valle and Stacey Kent at Blue Note Tokyo’14, Ishimaru Kenji, Paula Lima, Lincoln Goines, Jorge Vercilo, Alceu Valença, André Rio, Spok Frevo Orchestra, Jonathan Katz, Macamba (Jazz fusion), Abe Jun, Arthur Maia, Marcelo Mariano, Paulo Cesar Gomes, Elba Ramalho, Andrew Scott Potter, Jeff Curry, Shinichi Sato,  Antonio Nobrega, Pat Glynn, Simon Cosgrove,  Kiichiro Komobuchi, Helen Morrison, Kimiko Itho, Toku, Yuko Maeda, Kenji Hino, Inoue Yuchi, Bruno Diminio, Frederic Viennot, Silvio Anstácio, Som Brasil (Brazilian group in Tokyo) Umezawa Chie, Hayato Kaori, Moreno Bussoleti, Jun Kagami, Ryotaro Imai, Anacrusa (Jazz fusion band) Catia Werneck, Toyono, Obata Kazuhiro, Satoshi Sanno, Ryuta Abiru, Mark Tourian, Toyono, Banda Manda Carinho, Orquestra Sambador Oriente (Brazilian Big Band), etc.

グスターボ・アナウレート

ブラジル北東部ペルナンブーコ州レシフェ出身。幼少時より独学でギター、サックスを弾き始め、その後レシフェ芸術学校に入学。在学中より音楽活動を開始。ブラジル国内のみならず、フランスや中国、シンガポール等、海外でも公演。これまでにブラジルを代表するミュージシャン(パウラ・リマ、シブーカ、エルバ・ハ マーリョ、ジョージ・ヴェルシーロ、アルセウ・ヴァレンサ、ジェラルド・アゼヴェード、レニーニ、マンチケイラなど)とも数多く共演。2006年には、ブラジルのグラミー賞にあたるティン・フェスティバルにて所属するバンド、「スポッキ・フレーボ・オーケストラ」がRevolution賞を受賞。その年日本に来日。、Anri杏里、小野リサ(Lisa Ono, マルコス・ヴァーリステイシー・ケント@Blue note 東京‘14,伊藤君子、故越智順子,日野賢治、トミーキャンベル、TOKU、井上祐一、海野雅威、吉田和雄、コモブチ・キイチロウ、カティア、ヴィウマ、シルビオ、パウロ、フランシス、前田優子、ChieTOYONO等ジャズ&ブラジルミュージシャンとの共演や、J-popを代表する歌手、杏里のメンバーとしても活躍。モーションブルー横浜、イクスペアリ、青山プラッサオンゼ、吉祥寺ストリングス、サムタイム、銀座スウィング、六本木サテンドール、渋谷ジェイジーブラットといったライブハウスや六本木ヒルズ、リッツカールトン、マンダリンなどの一流ホテルでの演奏等、その音楽的範囲は非常に広く共演の依頼は後をたたない。その現代的な音色とブラジル人独特なメロディックなインプロビゼーションと的確なスイングで、日本在住のブラジル人プロサックスプレーヤー、唯一無二の存在として今最も注目されているミュージシャンである。